極寒の冬のキャリア

俺がいるところは、日本の中で北にあり、一年の半ば側はスノーのある北国だ。やっぱり寒い。寒いだ。

俺は一人暮らしをしているのですが、初めての冬場を体験したときの事は絶対に忘れません。
正確12月ところだったと思いますが、その日出勤が終わって帰ってきたのが8季節。
外の温度が0都度、少なく我が家に着きたい一心で帰宅しました。

しかし誠に室内も寒い!形勢がひんやりしていました。
急いでストーブを付けた点、誠に誤りに!
こういうストーブは4都度以下になると誤りになるのです!涙
無論着衣を脱げないまま、ストーブの事前でぶるぶる震えて1都度ずつあがるのを待っていました。
しかしまったく10都度から上にいかない!
買ってきたカップ麺も直ちに冷めて虚しくなりました。

やっと10時半くらいに18度になり、幾らか移れるようになったのですが、なにせ古めかしい木造家屋。
外壁も無いし窓も2重窓じゃないし、絶対に18都度ではなかったと思います。
まだまだ布団をかぶって寝たらましかなと思ったのですが、お布団も冷た~い!

それからは、暖房を置きた通り出勤に行くようになりました。
後から気付いたのですが、14都度くらいに設定して出掛けても、暖房を付けずに出掛けても、めったに金額が貫く!
冷えた部屋を温めるのに最大限燃焼をすると丸々能力が必要で灯油も鎮まるけど、14都度確立で徐々に暖めていてもそこまで力を使わずにいられるからなのかな?
など何かと考えました。が、理由はよく分かりません。

しかし、こうすることによって帰宅したときに14都度あればほどほどに温かいので、部屋も冷え切っていなく、クーラーものぼり易くなり、安心生活になりました!
とうに、そんな思い、したくありません(苦笑い)サラリーマンが家族に内緒でお金を借りるまで